化粧下地は日焼け入りを使用しています

紫外線は日常的に浴びているので、一年中日焼け止めは使用したいと思い、化粧下地は日焼け入りを使うようにしています。
化粧水と乳液を使用した後に日焼け入りの化粧下地をデコルテ部分から顔にかけて塗りますが、顔とデコルテの色が変わらないよう、しっかりとデコルテ部分も塗るようにしています。顔は日焼け止めを塗ってもデコルテは塗らず、そのままにしておくこともあるため、日頃からデコルテのケアも必要だと思いケアするようにしています。

日焼け止め入り化粧下地は、うっすらと肌色なのでデコルテと顔の色もさほど変わりなく違和感ないのでメイクする時もスムーズなメイクができるようになりました。日焼け止め成分が入っていると外出時も安心できるので、化粧下地選びは日焼け止めの強さなどいくつか使い分けるようにしています。スポーツする時は日焼け止めの効果が強いものを使用し、普段の生活で弱めのものを使用するなど、バランスよく活用するようにしています。

化粧下地でしっかりと日焼け止め効果がある下地を使用しているので、メイクする際も厚塗りにならずにナチュラルメイクで済みます。普段の生活では化粧下地と白粉で過ごしているのでメイクするのも負担にならずに過ごしています。日焼け止めファンデーション